--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.17

犬の癒やし効果、人より上(共同通信)

犬の癒やし効果、人より上 心臓病患者の不安など改善 (共同通信)

 犬との短時間の触れ合いは、心臓病患者の不安軽減や血圧などの改善に人と接するより大きな効果をもたらすと、米カリフォルニア大ロサンゼルス校のチームが15日、テキサス州で開催中の米心臓病協会の会合で発表した。犬の「癒やし効果」を具体的な数値で示した研究は珍しい。
 チームは心不全で入院中の患者76人(平均57歳)を3班に分け、12分間にわたり(1)ボランティアが連れてきた犬と触れ合う(2)ボランティアだけの訪問を受ける(3)ベッドで安静にする-を実行してもらった。
 その結果、犬と触れ合った患者では、不安の強さが訪問前より平均24%低下した。人の訪問では10%しか低下せず、安静に寝ていた患者には変化はみられなかった。




 我が家も今年から犬を飼い始めましたが、それから家族の間で、以前よりも笑顔が多くなった感じがします。そういった事からこの記事にある様なデータが出ているのかもしれませんね。

 「人よりも犬の方が癒しは上」というのは、必ずしもそうだとは言えないかもしれませんが、最近のペットブームに象徴されるように、たしかに癒しの効果は絶大なのだと思います。

 将来、ペット療法が流行るかもしれないですよ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://medicalnewsblog.blog35.fc2.com/tb.php/33-fd6991a0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2008.06.24 12:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。