--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.16

たばこ税上げて対策費を(共同通信)

たばこ税上げて対策費を 生活習慣病で健康日本21 (共同通信)

 厚生労働省の健康増進政策の普及啓発に協力している「健康日本21推進全国連絡協議会」は、喫煙により脳卒中や虚血性心疾患といった生活習慣病にかかりやすくなるとして、その予防や対策費を確保するため、近く、たばこ税の引き上げを求める国民運動を始める。
 たばこ税引き上げについては、尾辻秀久前厚生労働相が先の国会で「検討しなければいけないと考えている」と前向きの姿勢を表明。ただ、たばこ事業は財務省が所管していることから、厚労省が前面に立つことは避け、日本経団連、連合、日本医師会、健康保険組合連合会などで構成する同協議会が引き上げに向けた世論喚起を図ることになった。
 協議会では、喫煙でがん死の可能性が高くなるとの研究結果や、たばこ価格の上昇で消費量が減ったなど、海外の事例を紹介したパンフレットを配るなどして、理解を広げる。




 またたばこの値段が上がる事になりそうです。これにはやはり反発も予想されるでしょう。しかし、欧米諸国と比較しても、日本のたばこはとても安いのです。

 「たばこを吸うのは個人の自由だ。そこから税金を取るのはどうなんだ。」

 こういった声を聞いた事があります。確かに、たばこを吸う人の気持ちはこの通りかもしれません。しかし、たばこを吸わないのに、たばこに悩まされる人も少なくありません。

 よって、私はたばこに税金をかける事、反対ではありません。そして喫煙をする人は、税金を支払ってまで不健康を買っている事、もっと意識しないといけないのだと感じます。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://medicalnewsblog.blog35.fc2.com/tb.php/30-ac8ce79f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。