--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.16

糖尿病患者がアリに片目食われる(ロイター)

インドの病院で糖尿病患者がアリに片目食われる (ロイター)

 インド東部の国営病院で糖尿病の治療を受けていた女性が、片目をアリに食われていたことが分かった。当局者が15日明らかにした。
 術後感染の治療中だった女性の糖尿病患者が13日夜、アリにたかられ、助けを求めて大声をあげたが、看護師らはその女性患者に対し、感染症により痛みを感じるのは通常のことだ、として取り合わなかった。
 14日、同患者の家族が女性の左目の包帯をはずしたところ、目のあった部分は穴が開いたようになり、大群のアリが群がっていたという。
 この件について病院当局は現在調査中としている。病院幹部は、「アリが糖尿病患者を襲う例は珍しくない。われわれはこの不幸な出来事を調査するための委員会を設置した」と述べた。




 え・・・

 想像するだけで鳥肌が立ちました。

 「看護師らはその女性患者に対し、感染症により痛みを感じるのは通常のことだ、として取り合わなかった。」とありますが、いくら異国での出来事とはいえ、看護師の行動かと思うとなんだかショックです。

 しかも、「アリが糖尿病患者を襲う例は珍しくない。」と。いや、珍しいですよね?と言うよりも、こんな事があってはいけません。

 日本で同じ事が起きればどのような騒ぎになるかと、ゾッとするニュースです。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://medicalnewsblog.blog35.fc2.com/tb.php/29-e70bb054
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。